コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏衣 ナツゴロモ

デジタル大辞泉の解説

なつ‐ごろも【夏衣】

[名]夏に着る衣服。夏着(なつぎ)。 夏》「着馴れても折目正しや―/来山」
[枕]
夏衣は薄く、単衣(ひとえ)であるところから、「うすし」「ひとへ」に掛かる。
「―うすくは更に思はぬを」〈続後拾遺・恋四〉
「―ひとへに西を思ふかな」〈新拾遺・釈教〉
夏衣を裁(た)つ意から、「立つ」などに掛かる。
「―立ち別るべき今夜こそ」〈拾遺・別〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なつぎぬ【夏衣】

夏に着る衣。なつごろも。

なつごろも【夏衣】

[3] ( 名 )
夏に着る着物の総称。夏着。なつぎぬ。 [季] 夏。
( 枕詞 )
「ひとへ」「うすし」「たつ」「き」「ひも」「かとり」などにかかる。 「 -薄くや人のならむと思へば/古今 恋四

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夏衣の関連キーワードバミューダショーツ蝉の羽・蟬の羽行き合ひの空貲布・細布夏(なつ)橋口 五葉天つ少女百人一首裁ち替ふたおたお臼の声蝉の羽貲布古今帷子染色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏衣の関連情報