コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興津鯛 オキツダイ

4件 の用語解説(興津鯛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おきつ‐だい〔‐だひ〕【興津×鯛】

静岡県興津地方の沿岸でとれるアマダイ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

おきつだい【興津鯛】

甘鯛。特にその塩干し。甘鯛をうろこをつけたまま開き、塩をして干したもの。静岡・興津の特産品。◇慶長年間(1596~1615)に、広瀬又右衛門という人が甘鯛の干物を作り、興津河内守より徳川家康に献上したところたいへん喜ばれ、「興津鯛」の名を得たという伝承がある。また、奥女中の興津局(おきつのつぼね)が献上したことから、彼女の名をとったという説もある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おきつだい【興津鯛】

アマダイの異名。また、その干物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

おきつだい【興津鯛】


甘鯛。特にその塩干し。甘鯛をうろこをつけたまま開き、塩をして干したもの。静岡・興津の特産品。◇慶長年間(1596~1615)に、広瀬又右衛門という人が甘鯛の干物を作り、興津河内守より徳川家康に献上したところたいへん喜ばれ、「興津鯛」の名を得たという伝承がある。また、奥女中の興津局(おきつのつぼね)が献上したことから、彼女の名をとったという説もある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の興津鯛の言及

【アマダイ(甘鯛)】より

…生食は,東京では肉がやわらかいのでほとんど行わないが,関西では糸作りの刺身などにする。有名な興津鯛は駿河湾産のもので,おもに生干しにされた。若狭湾のものは一塩(ひとしお)の若狭グジとして賞味される。…

【興津】より

…江戸中期以降は興津川流域の村々で盛んに生産される和紙や薪炭の集散地となった。アマダイを塩干しした興津鯛,清見寺寺下の膏薬は興津の名産。1961年清水市に合体。…

※「興津鯛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

興津鯛の関連キーワード赤甘鯛甘鯛鱗石塩干し・塩干白甘鯛梳き引き塩干し鱗引き若狭干し若狭焼き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone