舞舞(読み)マイマイ

  • まいまい まひまひ
  • まいまい〔まひまひ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 烏帽子・直垂・大口袴を着用した謡い手が、楽器を用いず扇で拍子をとりながら、戦争・英雄伝など武士の世界の物語を勇壮な歌詞で謡い、高潮した場面では舞いめぐる舞曲。幸若(こうわか)・大頭(だいがしら)の派があり、室町時代から江戸時代の中頃まで多く武家で行なわれた。《季・新年》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
② ①の舞を演ずる者。幸若舞の太夫(たゆう)。また、幸若舞を演ずる辻芸人。
※相州文書‐四・(天正一三年)(1585)七月二二日・北条氏政印判状「悉可罷立、まいまい猿引躰之者成共可罷出事」
※書言字考節用集(1717)五「蝸牛 マヒマヒ」
④ 「まいまいむし(舞舞虫)②」の略。《季・夏》
[2] 〘副〙 (「と」「する」を伴って用いることもある) くるくると回るさま、また、うろうろするさま、まごまごするさま。
※浄瑠璃・心中二つ腹帯(1722)三「半兵衛はまだまいまいと、這入りたさうに覗きゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舞舞の関連情報