コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航海天文学 こうかいてんもんがくnautical astronomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航海天文学
こうかいてんもんがく
nautical astronomy

無線のない時代,陸地の見えない海上を航海するには,天体観測によって船の位置を知ることが必要であった。この航海術に用いられる天文学を航海天文学という。六分儀で位置の知られている天体の子午線通過を観測して高度を,クロノメータで時刻を求めて,それによって地球上の船の位置を算出し,羅針盤で方向を定める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうかい‐てんもんがく〔カウカイ‐〕【航海天文学】

航海中の船舶が、天体の観測によって、自己の位置や方位などを知るための応用天文学の一分野。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうかいてんもんがく【航海天文学】

航海中の船舶が天体の高度などを測定することによって、自己の位置を知ることを目的とする天文学の一分野。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

航海天文学の関連キーワードカンプハウゼンタレス星表

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android