子午線通過(読み)シゴセンツウカ

百科事典マイペディアの解説

子午線通過【しごせんつうか】

天球の日周運動により,ある天体またはその中心が子午線を通過すること。ふつうの出没星では1日に1回観測され,このとき天体の方位は真南(または真北)で,高度は極大となる。周極星では天の北(南)極の上と下で合計2回起こり,上方子午線通過,下方子午線通過として区別する。→南中
→関連項目地方時

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しごせんつうか【子午線通過 meridian transit】

天体が日周運動により子午線を通過するときのこと。ふつうの出没星の子午線通過は1日1回であるが,周極星では天の北(南)極の上方を通過する場合と下方を通過する場合があり,1日2回となる。前者を上方子午線通過,後者を下方子午線通過として区別する。南中【湯浅 学】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しごせんつうか【子午線通過】

天体が日周運動で子午線を通過すること。この時の恒星時はその天体の赤経に等しい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しごせん‐つうか ‥ツウクヮ【子午線通過】

〘名〙 太陽、月、恒星などの天体が、主に日周運動によって子午線を通り過ぎること、またはその時間をいう。この時、天体の高度は最大または最小となる。子午線経過。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の子午線通過の言及

【南中】より

…子午線通過の一種。観測地点における子午線は,天の北極,天頂,天の南極を通る天球上の大円であるが,そのうちの天の北極から天頂を経て天の南極に至る半円部分を,日周運動によって,天体が東から西へ通過するときのこと。極上正中,あるいは単に正中とも呼ぶ。これに対して,子午線の残りの半円部分を天体が西から東へ通過するときのことを北中,あるいは極下正中という。これらの現象を観測することは,位置天文学の基礎をなす重要な分野である。…

【南中】より

…子午線通過の一種。観測地点における子午線は,天の北極,天頂,天の南極を通る天球上の大円であるが,そのうちの天の北極から天頂を経て天の南極に至る半円部分を,日周運動によって,天体が東から西へ通過するときのこと。極上正中,あるいは単に正中とも呼ぶ。これに対して,子午線の残りの半円部分を天体が西から東へ通過するときのことを北中,あるいは極下正中という。これらの現象を観測することは,位置天文学の基礎をなす重要な分野である。…

※「子午線通過」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報