コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空気象台 こうくうきしょうだい aeronautical meteorological observatory

2件 の用語解説(航空気象台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空気象台
こうくうきしょうだい
aeronautical meteorological observatory

航空気象業務の中心機関。空港に設置され,航空路,空域,飛行場などに対する天気予報気象警報を出し,気象実況を通報する。日本では東京都大田区東京国際空港に東京航空地方気象台千葉県成田市成田国際空港に成田航空地方気象台愛知県常滑市中部国際空港に中部航空地方気象台,大阪府田尻町の関西国際空港に関西航空地方気象台がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

航空気象台【こうくうきしょうだい】

航空気象観測を行い,航空機の行う気象観測の成果をはじめ必要な気象資料を収集,航空機の運航保安に必要な飛行場,航空路,空域の予報・警報を行う気象台。各主要飛行場の航空測候所に必要な気象情報を供給する役目ももつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

航空気象台の関連キーワード測候所復員省気象業務法気象台着陸料気象白書航空税関防疫官LIDEN世界気象の日

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

航空気象台の関連情報