コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空気象台 こうくうきしょうだいaeronautical meteorological observatory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空気象台
こうくうきしょうだい
aeronautical meteorological observatory

航空気象業務の中心機関。空港に設置され,航空路空域飛行場などに対する天気予報気象警報を出し,気象実況を通報する。日本では東京都大田区東京国際空港に東京航空地方気象台千葉県成田市成田国際空港に成田航空地方気象台,愛知県常滑市中部国際空港に中部航空地方気象台,大阪府田尻町の関西国際空港に関西航空地方気象台がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

航空気象台【こうくうきしょうだい】

航空気象観測を行い,航空機の行う気象観測の成果をはじめ必要な気象資料を収集,航空機の運航保安に必要な飛行場,航空路,空域の予報・警報を行う気象台。各主要飛行場の航空測候所に必要な気象情報を供給する役目ももつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

航空気象台の関連キーワード航空気象観測晴天乱気流管区気象台気象庁

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

航空気象台の関連情報