コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空管制官 こうくうかんせいかん

大辞林 第三版の解説

こうくうかんせいかん【航空管制官】

航空交通管制業務に従事する国家公務員。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

航空管制官

国土交通省所属の国家公務員。各空港管制塔などで飛行する航空機が事故を起こさないよう交通整理をしたり、空港への離着陸時などに許可や誘導をしたりする。管制官採用試験合格後、航空保安大学校での基礎研修、空港や管制部での専門研修をし、技能試験に合格して資格を取得しなければならない。来年度の採用試験の出願は18年4月の予定。

(2017-11-14 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうくう‐かんせいかん〔カウクウクワンセイクワン〕【航空管制官】

空港や航空交通管制部において、航空機に対して安全な離着陸や航行に必要な指示および情報の提供などを行う、国土交通省職員

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

航空管制官
こうくうかんせいかん

管制塔など管制機関において、航空交通管制の業務に従事する係官をいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

航空管制官の関連キーワードTOKYOエアポート~東京空港管制保安部~インダストリアル・エンジニアリングフライトレコーダー航空特殊無線技士ボイスレコーダーコントローラー専門行政職FDRATCCVR

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

航空管制官の関連情報