コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船越衛 ふなこし まもる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船越衛 ふなこし-まもる

1840-1913 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)11年6月15日生まれ。安芸(あき)広島藩士。大村益次郎(ますじろう)に兵学をまなぶ。戊辰(ぼしん)戦争では東北遊撃軍参謀となり,佐賀の乱,西南戦争にも従軍。明治19年千葉県知事。元老院議官,石川県,宮城県の知事をつとめ,27年貴族院議員。43年枢密顧問官。大正2年12月23日死去。74歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

船越衛

没年:大正2.12.23(1913)
生年:天保11.11.(1840)
明治時代の官僚,政治家。旧広島藩士。幕末期,大村益次郎について兵学を学んだ。明治1(1868)年徴士として江戸府判事に任官,つづいて東北遊撃軍副参謀として戊辰戦争に参加した。2年兵部権大丞に任官,大丞に進み,5年2月軍制改革にともない陸軍大丞となったが,6年8月,依願免官となる。前年12月に起きた山城屋和助割腹事件に際して発覚した陸軍省汚職問題で,陸軍大輔山県有朋をかばっての辞職であったとされる。後年,長子・光之丞が山県の2女松子を妻に迎えている。7年1月内務省に転じ,戸籍権頭,内務権大丞,戸籍局長を経て,13年千葉県令,19年千葉県知事,23年石川県知事,24年宮城県知事を歴任。21年元老院議官。27年貴族院議員。29年男爵。43年枢密顧問官に就任。<参考文献>手島益雄『男爵船越衛伝』

(西尾林太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

船越衛の関連キーワード木村直介加藤隆義

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android