コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艾思奇 がいしき

3件 の用語解説(艾思奇の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

艾思奇【がいしき】

中国の思想家マルクス=レーニン主義理論家。雲南省生れ。抗日・救国を訴えた1930年代後半の新啓蒙運動の中心的存在。抗日戦争中は《解放日報》副主筆,中華人民共和国成立後は中央高級党学校副校長,中国哲学会副主席。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がいしき【艾思奇 Ài Sī qí】

1910‐66
中国の思想家。雲南省出身。マルクス=レーニン主義理論家として著名。日本留学のあと帰国し,1930年代の新啓蒙運動の中心として頭角をあらわした。抗日戦中の1937年延安に行き,《解放日報》副主筆をつとめ,中華人民共和国成立後は中央高級党学校副校長,中国哲学会副主席であった。著書に《理論と実践》《大衆哲学》などがある。64年11月高級党学校長楊献珍の〈2が合して1となる〉論を批判。〈1がわかれて2となる〉のが唯物弁証法の本質であることを主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

艾思奇
がいしき / アイスーチー
(1910―1966)

中国の哲学者、マルクス主義理論家。本名は李生萱(りせいけん)。雲南(うんなん)省騰冲(とうちゅう)県出身。香港(ホンコン)・昆明(こんめい)などで学んだのち、日本に留学。1931年帰国後、雑誌『読書生活』の編集をしながら、新啓蒙(けいもう)運動のなかで活躍し、『大衆哲学』(1934~1935)ほか多数の論文を書き、史的唯物論の普及に努めた。解放後はさまざまの要職につきながら、胡適(こてき)、梁漱溟(りょうそうめい)、楊献珍(ようけんちん)(1896―1992)批判などで活躍したが、1966年3月22日病没した。没後『艾思奇文集』(人民出版社)が刊行された。[伊東昭雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone