コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芋茎 イモジ

デジタル大辞泉の解説

いも‐じ【芋茎】

《古くは「いもし」》「芋幹(いもがら)」に同じ。
「―、荒布(あらめ)も、歯固めもなし」〈土佐

ずいき【芋茎/芋苗】

《語源未詳》サトイモの葉柄。ふつう、赤のものを酢の物・煮物などにして食べる。干しずいきは、いもがらという。 秋》「―さく門賑はしや人の妻/太祇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずいき【芋茎】

サトイモの茎。干したものはいもがらといい、食用とする。 [季] 秋。
で作った性具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

芋茎の関連キーワード芋茎祭・瑞饋祭家柄より芋茎肥後ずいき神輿食用家柄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芋茎の関連情報