芝桜(読み)シバザクラ

デジタル大辞泉の解説

しば‐ざくら【芝桜】

ハナシノブ科の多年草。高さ約10センチ。地をはうように密生し、葉は細長くかたい。春に淡桃・赤・白色などの花をつける。北アメリカの原産。モスフロックス花爪草(はなつめくさ)。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しば‐ざくら【芝桜】

〘名〙 ハナシノブ科の多年草。フロックスの一種。北アメリカ原産で、花壇の縁取りなどに栽培される。茎は多数分枝してはい、地面をおおう。葉は対生、やや硬く線形ないし披針形。三~五月、径一・五センチメートルほどの小花を円錐花序につける。花色は淡桃色、白色、藤色など。花がサクラに似、芝のように地面をおおって咲くのでこの名がある。はなつめくさ。《・春》
※三ちゃんも三ちゃんや(1971)〈古山高麗雄〉三「芝桜がいっぱい咲いて、蝶々が飛んで来るよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芝桜の関連情報