コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芥屋大門 ケヤノオオト

4件 の用語解説(芥屋大門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けや‐の‐おおと〔‐おほと〕【芥屋大門】

福岡県糸島市、糸島半島の北西にある海食洞。玄界(げんかい)灘の荒波による浸食作用でできた。高さ約8メートル、幅2~10メートル、奥行き90メートルの柱状節理の洞穴は大門とよばれ、玄海国定公園を代表する名勝・奇岩として知られている。国の天然記念物に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

芥屋大門【けやのおおと】

福岡県糸島郡志摩町(現・糸島市),糸島半島西部にある海食洞(天然記念物)。標高64mの玄武岩からなる大門崎が海食により柱状節理をなし,北岸に大門がある。入口は海面上の高さ8m,幅10m,奥行90m。
→関連項目糸島[市]糸島半島志摩[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けやのおおと【芥屋大門】

福岡県糸島半島西部,志摩町芥屋にある玄武岩の海食洞(天)。玄海国定公園に含まれる。玄界灘に突出する標高64mの大門崎が見事な柱状節理をみせる絶壁をなし,その下部が荒波で浸食されて海食洞の大門を形成した。大門の入口は満潮時で海面上の高さ8m,幅10m,水深10mである。奥行は90mで,波の静かなときは遊覧船で40mまで入れる。【土井 仙吉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕芥屋大門(けやのおおと)


福岡県西部の糸島(いとしま)半島西部にある海食洞。玄武(げんぶ)岩の柱状節理の絶壁である大門(おおと)崎の下部に幅約8m、高さ約5mの洞門があり、国指定の天然記念物。波が静かなときは入り口から40m奥まで遊覧船が運航する。玄海(げんかい)国定公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芥屋大門の関連キーワード糸島半島玄界島志摩姫島前原糸島アル玄武岩高アルミナ玄武岩志摩の朝市弥生時代のクニグニ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone