芥屋大門(読み)ケヤノオオト

デジタル大辞泉の解説

けや‐の‐おおと〔‐おほと〕【芥屋大門】

福岡県糸島市糸島半島の北西にある海食洞玄界(げんかい)灘荒波による浸食作用でできた。高さ約8メートル、幅2~10メートル、奥行き90メートルの柱状節理洞穴大門とよばれ、玄海国定公園を代表する名勝奇岩として知られる。国の天然記念物に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

芥屋大門【けやのおおと】

福岡県糸島志摩町(現・糸島市),糸島半島西部にある海食洞(天然記念物)。標高64mの玄武岩からなる大門崎が海食により柱状節理をなし,北岸に大門がある。入口は海面上の高さ8m,幅10m,奥行90m。遊覧船は40mまで入る。玄海国定公園に属する。
→関連項目糸島[市]糸島半島志摩[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けやのおおと【芥屋大門】

福岡県糸島半島西部,志摩町芥屋にある玄武岩の海食洞(天)。玄海国定公園に含まれる。玄界灘に突出する標高64mの大門崎が見事な柱状節理をみせる絶壁をなし,その下部が荒波で浸食されて海食洞の大門を形成した。大門の入口は満潮時で海面上の高さ8m,幅10m,水深10mである。奥行は90mで,波の静かなときは遊覧船で40mまで入れる。【土井 仙吉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕芥屋大門(けやのおおと)


福岡県西部の糸島(いとしま)半島西部にある海食洞。玄武(げんぶ)岩の柱状節理の絶壁である大門(おおと)崎の下部に幅約8m、高さ約5mの洞門があり、国指定の天然記念物。波が静かなときは入り口から40m奥まで遊覧船が運航する。玄海(げんかい)国定公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android