コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むしろ

百科事典マイペディアの解説

莚【むしろ】

イ,ガマ,わら,スゲタケなどで編んだ敷物総称。平安〜鎌倉時代には室内用として寝殿造の床などに敷かれたが,畳が普及してこれにかわった。現在では一般にわら莚をさし,板の間土間に敷くほか,荷物の包装や(かます)(莚を二つ折りにして左右の端を縫い,袋状にしたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


むしろ

筵、蓆などとも書く。蒲(がま)、菅(すげ)、竹(たけ)、藁(わら)などで編んだ敷物を総称することが多い。稲藁は身近にある編みやすい素材であったことから、莚といえば藁莚をさすほどに受け止められている。往時は、農家にはかならず莚編み機が備わっていたほどで、農閑期に副業として莚を編んだ話が伝わる。群馬県の野反(のぞり)湖に近い村々では、湖岸に密生するイワスゲ(菅の一種)を刈り取ってきて莚編み用に使ったといい、山の口明けを期して一斉に採取、尻焼(しりやき)温泉(長笹沢川)に浸して編みやすくしたと伝えられている。莚の大きさは、幅約3尺(約90センチメートル)に長さが約6尺(約180センチメートル)と決まっていた。莚は畳以前の敷物として住生活に欠かせないものであっただけでなく、天日で干す穀類や魚類の乾燥用、脱穀の際の囲い用、干物の包装用、手作りの酒造りにおいては蒸し米の放冷用などに広く利用された。雪国では、社寺の板戸などを風雪から守るために莚が吊(つ)り下げられ、土間に敷かれて防湿の役割を果たした。折り曲げてかますにするとか、一部を切り取って幼児の汚物受けにするなどの利用法もあった。百姓一揆(いっき)の象徴とされた莚旗、廻船(かいせん)に使われた莚帆などは、莚の転用例である。薦(こも)より上等品とされ、保存に留意しながら生活に組み込まれてきた。[天野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

莚の関連キーワード沢村 宗十郎(8代目)市川 左団次(2代目)市川海老蔵(7代)市川左団次(二代)沢村宗十郎(8世)市川左団次(2代)市川雷蔵(8代)二代目市川団十郎市川莚升(3代)茶屋(岡山県)市川 莚十郎植え物・植物宮崎 林三郎市川 松柏阿波の土柱ミゾカクシ後生掛温泉ネビキグサ宮崎林三郎伊東燕晋

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

莚の関連情報