若気の至り(読み)わかげのいたり

精選版 日本国語大辞典「若気の至り」の解説

わかげ【若気】 の 至(いた)

若さにまかせて無分別な行ないをしてしまうこと。血気にはやりすぎたこと。
三河物語(1626頃)三「火をかくる事むやくとて、とめけるは、七郎九郎、若げのいたりか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「若気の至り」の解説

わかげ‐の‐いたり【若気の至り】

年が若くて血気にはやったために無分別な行いをしてしまうこと。「若気の至りで無茶をしでかす」
[類語]不穏当不謹慎不心得心無い非常識不見識無分別言語道断由由しい目に余る成ってない年甲斐も無い年寄りの冷や水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android