由由しい/忌忌しい(読み)ユユシイ

デジタル大辞泉の解説

ゆゆし・い【由由しい/忌しい】

[形][文]ゆゆ・し[シク]《「ゆ」は神聖の意の「斎(ゆ)」と同語源》
程度がはなはだしい。また、重大である。容易ならない。「―・い事態」
神聖で恐れ多い。慎むべきである。
「言はまくも―・しきかも」〈・四七五〉
忌まわしい。不吉である。
「―・しき身に侍れば、かくておはしますも、いまいましうかたじけなくなむと宣ふ」〈・桐壺〉
いまいましい。うとましい。
「―・しかりける里の人かな。宿貸さず」〈梁塵秘抄・二〉
すばらしい。りっぱである。
「―・しくありがたう覚ゆれ」〈徒然・一八八〉
[派生]ゆゆしげ[形動]ゆゆしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android