コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目に余る メニアマル

デジタル大辞泉の解説

目(め)に余・る

程度がひどくて黙って見ていられないほどである。「彼らの言動は―・る」
数が多くて一目で見渡せないほどである。「―・る大群

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めにあまる【目に余る】

程度がひどすぎて見過ごすことができない。 「 - ・る振る舞い」
数が多くて一目で見渡すことができない。 「 - ・る程の大勢也と聞き/太平記 22

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目に余るの関連キーワード後藤三右衛門(2代)金(中国の王朝)立ち木トラスト記者クラブ目・眼国崩し太平記アクダ人目無道

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目に余るの関連情報