若気(読み)にやけ

精選版 日本国語大辞典「若気」の解説

にや‐け【若気】

〘名〙 (古くは「にゃけ」か)
① 鎌倉・室町時代頃、貴人の側にはべって、男色の対象となった少年。
※古事談(1212‐15頃)二「長季は宇治殿若気也」 〔明応本節用集(1496)〕
② 尻。肛門
※自戒集(1461‐67頃)「石仏に糞ぬり、経巻にて若気をのごうほどに」
③ 男が色めいた姿をしていること。男が派手に着飾ったり、なまめき媚(こ)びるような態度をとったりすること。また、その者。
※雑俳・柳多留‐一七(1782)「もっぱらにやけをむねとして地紙うり」
[補注]「若気」を語源と考える説、または「弱(ニャク)」との関連を考える説などがある。

わか‐げ【若気】

[1] 〘名〙 年若い人の血気にはやる気持。若者の未熟で無分別な気持。わかぎ。
※平治(1220頃か)中「まことに悪源太わかげのいたす所也」
[2] 〘形動〙 (形容詞「わかい」の語幹に接尾語「げ」の付いたもの) いかにも若そうなさま。若々しいさま。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一二「其言語(ものごし)の若(ワカ)げなるに因れば」

にや・ける【若気】

〘自カ下一〙 (「にやけ(若気)」を動詞化した語。古くは「にゃける」か) 男が女のように色っぽい様子や姿をする。転じて、うわついている。→にやけ
※古文真宝前集抄(1642)一「きる物のえやうを好みなまにやけたるなりをし」

わか‐ぎ【若気】

〘名〙 =わかげ(若気)(一)
※黄表紙・御存商売物(1782)下「一枚絵はわかぎのはやまり、まんまと黒本・赤本が謀略にのり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「若気」の解説

にや‐け【若気】

《古くは「にゃけ」か》
男が派手に着飾ったり、びるような態度をとったりすること。また、その人。「若気男」
男色を売る若衆。陰間かげま
「長季は宇治殿の―なり」〈古事談・二〉

わか‐ぎ【若気】

わかげ(若気)」に同じ。
わつしあ―だ」〈鏡花歌行灯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android