コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語道断 ゴンゴドウダン

デジタル大辞泉の解説

ごんご‐どうだん〔‐ダウダン〕【言語道断】

[名・形動]
仏語。奥深い真理は言葉で表現できないこと。
言葉で言い表せないほどひどいこと。とんでもないこと。また、そのさま。もってのほか。「人のものを盗むとは言語道断だ」「言語道断な(の)行い」
言葉で言いようもないほど、りっぱなこと。また、そのさま。
「時々刻々の法施祈念、―の事どもなり」〈平家・一〉
表現しがたいほど驚嘆した気持ちを表す語。感動詞的に用いられる。
「―、ご兄弟のご心中を感じ申して」〈謡・春栄〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごんごどうだん【言語道断】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「言葉で説明する道が断たれる」の意から〕
〘仏〙 根本的な真理が言葉で説明しつくせないこと。
あまり立派で言葉で言い表しようのないほどであること。 「時々刻々の法施祈念、-の事どもなり/平家 1
あまりひどくて言葉も出ないほどであること。とんでもないこと。もってのほか。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

言語道断
ごんごどうだん

本来は仏教語で、「言語に述べるべきが断たれる」という意をもち、ことばでは表現しがたい奥深い真理をいい、「語同断」と書くこともある。転じて、話にならない、もってのほかのことという意をもつ。『法華経(ほけきょう)』に、「言語道断、物の拘(こう)する所にあらず」とあり、『瓔珞(ようらく)経』には、「言語道断、心行の滅する所」などとある。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

言語道断の関連キーワードイスラム教と同性愛沙汰の限り全くもって強請り臭い勿体無い心の一紙唆す言葉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

言語道断の関連情報