言語道断(読み)ゴンゴドウダン

デジタル大辞泉の解説

ごんご‐どうだん〔‐ダウダン〕【言語道断】

[名・形動]
仏語。奥深い真理は言葉で表現できないこと。
言葉で言い表せないほどひどいこと。とんでもないこと。また、そのさま。もってのほか。「人のものを盗むとは言語道断だ」「言語道断な(の)行い」
言葉で言いようもないほど、りっぱなこと。また、そのさま。
「時々刻々の法施祈念、―の事どもなり」〈平家・一〉
表現しがたいほど驚嘆した気持ちを表す語。感動詞的に用いられる。
「―、ご兄弟のご心中を感じ申して」〈謡・春栄〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごんごどうだん【言語道断】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「言葉で説明する道が断たれる」の意から〕
〘仏〙 根本的な真理が言葉で説明しつくせないこと。
あまり立派で言葉で言い表しようのないほどであること。 「時々刻々の法施祈念、-の事どもなり/平家 1
あまりひどくて言葉も出ないほどであること。とんでもないこと。もってのほか。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

言語道断
ごんごどうだん

本来は仏教語で、「言語に述べるべきが断たれる」という意をもち、ことばでは表現しがたい奥深い真理をいい、「語同断」と書くこともある。転じて、話にならない、もってのほかのことという意をもつ。『法華経(ほけきょう)』に、「言語道断、物の拘(こう)する所にあらず」とあり、『瓔珞(ようらく)経』には、「言語道断、心行の滅する所」などとある。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

言語道断の関連情報