コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦竹 クチク

大辞林 第三版の解説

くちく【苦竹】

植物マダケの異名。にがたけ。

にがたけ【苦竹】

〔そのタケノコに苦みがあるので〕
マダケ・メダケの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

苦竹 (ニガタケ)

植物。イネ科の常緑竹,園芸植物。メダケの別称

苦竹 (マダケ・クチク;ニカタケ;ニガタケ)

学名:Phyllostachys bambusoides
植物。イネ科の竹,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の苦竹の言及

【竹細工】より

…飯塚琅玕斎(いいづかろうかんさい)(1890‐1958)や生野祥雲斎(しようのしよううんさい)(1904‐74)らは伝統の継承と現代的な展開を図った代表的竹工芸家である。
[素材と製法]
 日本に産する竹で通常利用されるものに,マダケ(真竹,苦竹(にがたけ)),メダケ(女竹),ネマガリダケ(根曲竹),モウソウチク(孟宗竹),ハチク(淡竹),ホテイチク(布袋竹,五三竹),シホウチク(四方竹),ゴマタケ(胡麻竹),クロチク(黒竹,紫竹(しちく),烏竹(うちく)),ヤダケ(矢竹),斑竹(はんちく),雲文竹(うんもんちく),煤竹(すすだけ)(苦竹,メダケなどの煤けたもの)などがある。 まず竹は丸竹物として,その素材のままの姿で利用される。…

※「苦竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

苦竹の関連キーワード宮城県仙台市宮城野区銀杏町マダケ(真竹)東北トラック女竹・雌竹鈴木与兵衛仙台(市)八女竹細工七北田川宮城野区タケノコ美吉籠苦み真竹異名

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苦竹の関連情報