苦竹(読み)にがたけ

  • くちく
  • ニカタケ
  • ニガタケ)
  • 苦竹 (ニガタケ)
  • 苦竹 (マダケ・クチク

大辞林 第三版の解説

植物マダケの異名。にがたけ。
そのタケノコに苦みがあるので
マダケ・メダケの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

植物。イネ科の常緑竹,園芸植物。メダケの別称
学名:Phyllostachys bambusoides
植物。イネ科の竹,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 植物「まだけ(真竹)」の古名。
※参天台五台山記(1072‐73)一「苦竹黮、茶樹成林」 〔白居易‐琵琶行〕
〘名〙 (竹の子に苦味があるところから) 植物「まだけ(真竹)」または「めだけ(女竹)」の異名
※古今(905‐914)物名・四五一「にがたけ。命とて露を頼むにかたければ物わびしらに鳴く野辺の虫〈在原滋春〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の苦竹の言及

【竹細工】より

…飯塚琅玕斎(いいづかろうかんさい)(1890‐1958)や生野祥雲斎(しようのしよううんさい)(1904‐74)らは伝統の継承と現代的な展開を図った代表的竹工芸家である。
[素材と製法]
 日本に産する竹で通常利用されるものに,マダケ(真竹,苦竹(にがたけ)),メダケ(女竹),ネマガリダケ(根曲竹),モウソウチク(孟宗竹),ハチク(淡竹),ホテイチク(布袋竹,五三竹),シホウチク(四方竹),ゴマタケ(胡麻竹),クロチク(黒竹,紫竹(しちく),烏竹(うちく)),ヤダケ(矢竹),斑竹(はんちく),雲文竹(うんもんちく),煤竹(すすだけ)(苦竹,メダケなどの煤けたもの)などがある。 まず竹は丸竹物として,その素材のままの姿で利用される。…

※「苦竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苦竹の関連情報