茂木知世(読み)もてぎ ともよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂木知世 もてぎ-ともよ

?-1361 南北朝時代の武将。
茂木知貞の子。下野(しもつけ)(栃木県)茂木城主。父とともに一貫して北朝方に属し,関東で北畠顕家軍とたたかう。北陸,畿内にも転戦。康安元=正平(しょうへい)16年本拠地にもどり,まもなく没した。初名は知政。通称は弥三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茂木知世
もてぎともよ

生没年未詳。南北朝時代の武将。下野(しもつけ)国茂木郡茂木郷(栃木県芳賀(はが)郡茂木町)を名字(みょうじ)の地とする在地領主。初名知政(ともまさ)、通称弥三郎(やさぶろう)、沙弥賢安(しゃみけんあん)。知貞(ともさだ)の嫡男で一族とともに足利(あしかが)方として闘い、新田(にった)党の拠(よ)る金ヶ崎(かながさき)城(福井県敦賀(つるが)市金ヶ崎町)攻めなどに参加。1353年(正平8・文和2)に惣領(そうりょう)として茂木東西九郷以下の所領を伝領した。59年(正平14・延文4)畠山国清(はたけやまくにきよ)の南朝討伐軍上洛(じょうらく)に際してこれに従い、畿内(きない)各地を転戦。これが長期にわたったために、東国本領(ほんりょう)が侵略を受けるところとなり、その対応に苦慮した。茂木系図によると没年は61年(正平16・康安1)2月29日であるが疑わしい。[海津一朗]
『栃木県史編さん委員会編『栃木県史 史料編 中世二』(1975・栃木県)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android