コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂木知世 もてぎ ともよ

2件 の用語解説(茂木知世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂木知世 もてぎ-ともよ

?-1361 南北朝時代の武将。
茂木知貞の子。下野(しもつけ)(栃木県)茂木城主。父とともに一貫して北朝方に属し,関東で北畠顕家軍とたたかう。北陸,畿内にも転戦。康安元=正平(しょうへい)16年本拠地にもどり,まもなく没した。初名は知政。通称は弥三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茂木知世
もてぎともよ

生没年未詳。南北朝時代の武将。下野(しもつけ)国茂木郡茂木郷(栃木県芳賀(はが)郡茂木町)を名字(みょうじ)の地とする在地領主。初名知政(ともまさ)、通称弥三郎(やさぶろう)、沙弥賢安(しゃみけんあん)。知貞(ともさだ)の嫡男で一族とともに足利(あしかが)方として闘い、新田(にった)党の拠(よ)る金ヶ崎(かながさき)城(福井県敦賀(つるが)市金ヶ崎町)攻めなどに参加。1353年(正平8・文和2)に惣領(そうりょう)として茂木東西九郷以下の所領を伝領した。59年(正平14・延文4)畠山国清(はたけやまくにきよ)の南朝討伐軍上洛(じょうらく)に際してこれに従い、畿内(きない)各地を転戦。これが長期にわたったために、東国本領(ほんりょう)が侵略を受けるところとなり、その対応に苦慮した。茂木系図によると没年は61年(正平16・康安1)2月29日であるが疑わしい。[海津一朗]
『栃木県史編さん委員会編『栃木県史 史料編 中世二』(1975・栃木県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茂木知世の関連キーワード北斉阿蘇惟政大木知光斯波兼頼南部政行船田経政松浦定茂木知貞結城朝常由良光氏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone