(読み)もし

精選版 日本国語大辞典「茂」の解説

も・し【茂】

〘形ク〙
木が生い茂っている。繁茂している。
※万葉(8C後)二・一八五「水伝ふ磯の浦廻の石つつじ木丘(モク)咲く道をまたも見むかも」
② 盛んである。著しい。
※書紀(720)顕宗元年四月(寛文版)「夫れ前の播磨国司来目部小楯〈の名は、磐楯〉求め迎へてを挙(あ)げたり。厥の功茂(モシ)焉」

も‐・する【茂】

〘自変〙 も・す 〘自サ変〙 草や木が茂る。茂生する。
※正法眼蔵(1231‐53)仏性「芽茎生長し、枝葉華果もすことあり」
[補注]上代形容詞「もし(茂)」が漢文訓読語として継承され、それを動詞と考えてサ変に活用させたもの。

も‐・す【茂】

〘自サ変〙 ⇒もする(茂)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「茂」の解説

も【茂】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉) [訓]しげる
草木がしげる。「繁茂
[名のり]あり・いかし・し・しげ・しげい・しげみ・たか・とお・とも・とよ・もち・もと・ゆた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android