コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶筅髪 チャセンガミ

3件 の用語解説(茶筅髪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゃせん‐がみ【茶×筅髪】

室町末期から江戸初期にかけての男子の髪形の一。髷(まげ)をつくらずに、髻(もとどり)元結などで束ね、茶筅のような形にしたもの。
江戸時代未亡人などの髪形の一。髪を切り下げて結び、その先端を散らして茶筅のような形にしたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

茶筅髪【ちゃせんがみ】

桃山〜江戸時代の男性の髪形。髻(もとどり)の先が茶筅に似ているところからこの名がある。髪を頭頂よりやや後に下がったところに一束にまとめ,15〜16cmほどの長さでそぎ,根から平たい白元結(しろもとゆい)を巻いて,先端に髪のはしを房のように出したもの。
→関連項目髪形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちゃせんがみ【茶筅髪】

〔髷まげが茶筅に似るところから〕
男子の髪形の一。室町末頃に始まる。髪を頭頂で束ね、根元から組み緒などで巻き立て、先を巻き残したもの。巻いた部分が柄で、先が穂である茶筅に見える。
女子の髪形の一。切り髪に似て、髷が茶筅状であるもの。江戸時代、京坂の未亡人が結った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶筅髪の関連キーワード垂髪銀杏頭五体付け総角総髪二つ折り二つ髷巻鬢立掛三つ輪髷

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone