コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茹でる ウデル

デジタル大辞泉の解説

う・でる【×茹でる】

[動ダ下一]ゆでる」の音変化。

ゆ・でる【×茹でる】

[動ダ下一][文]ゆ・づ[ダ下二]
熱湯に入れて煮る。うでる。「枝豆を―・でる」
患部を湯に浸したり、湯気で蒸したりする。
「左の方の肱(かひな)を突き折りたれば、それを―・でんがために来たりたるを」〈今昔・一九・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うでる【茹でる】

( 動下一 )
〔「茹でる」の転〕
ゆでる。 「ジャガイモを-・でる」

ゆでる【茹でる】

( 動下一 ) [文] ダ下二 ゆ・づ
熱湯で煮る。うでる。 「卵を-・でる」
体の痛いところを湯にひたす。 「雪げに御足も腫れて、…-・でつくろひなどして/狭衣 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

茹でるの関連キーワードあきしまささげあきた香り五葉ジャガイモ舘岩赤かぶずわい蟹糸うり釜茹でかき菜患部熱湯狭衣

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android