コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草月会 ソウゲツカイ

2件 の用語解説(草月会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうげつ‐かい〔サウゲツクワイ〕【草月会】

生け花の流派の一。昭和2年(1927)勅使河原蒼風(てしがわらそうふう)が草月流として創始。形式や定型を超えて、造形的な新しい生け花の創造をめざす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草月会
そうげつかい

いけ花流派。1927年(昭和2)勅使河原蒼風(てしがわらそうふう)により創流。蒼風は「日本生花学会」を主宰した父和風についていけ花を学び、のち父と決別して東京・青山に「投入花盛花教授草月流家元」の看板を掲げて独立、28年銀座千疋屋(せんびきや)で第1回草月流展を開き注目された。この花展をきっかけにラジオ放送に登場し、草月流の近代的ないけ花の名声が広まった。その後、雑誌『主婦之友』に毎月作品が掲載されるなどジャーナリズムとも結び活動を盛んにし、とくに若いインテリ女性の支持を得た。第二次世界大戦後時代の自由な風潮のなかで、蒼風の造形力の発揮によって、近代化から前衛へと絶えずいけ花界の主導的立場にあって活動が続けられ、多くの社中を吸収し草月流の繁栄を築いた。また戦後バンカース・クラブにおける外国人のレッスンに始まる国際いけ花の紹介の事業は、海外にも草月流の名を高め、それらと相まって戦後のもっとも魅力ある新興流派として最大規模の組織をなした。蒼風没後は財団化された法人の理事長ならびに家元を長男宏(ひろし)(1927―2001)が受け継いだ。78年に完成したアート・シアターをもつ草月会館を中心として新しい組織の発展を目ざして活発な運動が展開されている。なお、宏没後の2001年(平成13)次女茜(あかね)(1960― )が家元に就任した。[北條明直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草月会の関連キーワード観世流松月堂古流竜生派安達式嵯峨御流嵯峨流長谷川流遠山流下田天映湯川制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草月会の関連情報