コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草鹿丁卯次郎 くさか ちょうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草鹿丁卯次郎 くさか-ちょうじろう

1867-1931 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応3年2月生まれ。草鹿竜之介(りゅうのすけ)の父。草鹿甲子太郎(きしたろう)の弟。明治23年ドイツに留学,哲学の学位を取得。31年四高講師,34年鴻池(こうのいけ)銀行金沢支店長。36年住友家にむかえられ,住友倉庫常務,住友銀行監査役などをつとめた。昭和6年4月24日死去。65歳。加賀(石川県)出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

草鹿丁卯次郎の関連キーワード実業家

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android