コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊村遺跡 けいそんいせきJing-cun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荊村遺跡
けいそんいせき
Jing-cun

中国山西省万泉県荊村にある新石器時代の遺跡。 1933年に北京師範大学,省立図書館,フリーア美術館の共同で調査が行われた。彩陶黒陶磨製石斧骨角器などの遺物が出土し,仰韶文化竜山文化の2時期にわたる堆積で知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android