コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川芎茶調散 せんきゅうちゃちょうさん

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

せんきゅうちゃちょうさん【川芎茶調散】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)香附子(こうぶし)川芎荊芥(けいがい)薄荷(はっか)白芷(びゃくし)防風(ぼうふう)甘草(かんぞう)羌活(きょうかつ)細茶(さいちゃ)(茶葉(ちゃよう))などを含む。宋(そう)代の医学書『和剤局方(わざいきょくほう)』などに処方が示されている。風邪(かぜ)による頭痛更年期障害による頭痛、神経性頭痛偏頭痛血の道(みち)症などに用い、お茶で服用するとよい。胃腸が丈夫で比較的体力のある人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android