荒び(読み)スサビ

デジタル大辞泉 「荒び」の意味・読み・例文・類語

すさび【荒び/進び/遊び】

興にまかせてすること。慰みごと。「筆の―」
成り行きにまかせること。
「すきずきしき心の―にて、人のありさまをあまた見合はせむの好みならねど」〈帚木
[類語]遊び遊戯たわむ気晴らし慰み事娯楽遊技ゲームプレーレジャーレクリエーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「荒び」の意味・読み・例文・類語

すさび【荒・進・遊】

  1. 〘 名詞 〙 ( 動詞「すさぶ(荒)」の連用形名詞化 )
  2. 心が特定方向にいよいよ進むこと。また、心を、そのおもむくままにまかせること。
    1. [初出の実例]「ある時はありのすさひに語らはで恋しきものと別れてぞ知る」(出典:古今和歌六帖(976‐987頃)五)
    2. 「心のすさびにまかせてかくすきわざするは」(出典:源氏物語(1001‐14頃)葵)
  3. 心のおもむくままにする慰みごと。慰みとして興ずること。もてあそび。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
    1. [初出の実例]「はかなきすさびをも、人まねに心を入るる事もあるに」(出典:源氏物語(1001‐14頃)帚木)
    2. 「フデノ susabi(スサビ)」(出典日葡辞書(1603‐04))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android