荒原植物(読み)コウゲンショクブツ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒原植物
こうげんしょくぶつ

乾燥、低温、塩分、貧栄養、含硫ガス、地表面の不安定さ(風、水、重力などの作用で土壌がつねに移動する)などのような劣悪な環境条件にある立地には、荒原とよばれる疎生群落が成立する。それぞれの荒原には、その悪条件に対して耐性をもつ特殊な植物が生育し、それを荒原植物とよぶ。乾燥荒原には耐乾性をもつ植物、寒冷荒原には凍結や乾燥に強い植物、海岸荒原には塩生植物、転移荒原には乾燥に強く、長い匍匐(ほふく)茎をもつ植物、硫黄(いおう)泉噴出口の周りの硫気孔植物荒原には、含硫ガスに強く、強酸性の粘土質土壌に耐性のある植物が生育する。

[大賀宣彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうげん‐しょくぶつ クヮウゲン‥【荒原植物】

〘名〙 荒原にまばらに生育する植物。荒原の種類によって、生育する植物は異なる。乾荒原には耐熱性の強いサボテン、マオウなど、寒地荒原には耐寒性の強いコマクサ、ウルップソウなど、海岸荒原には耐塩性の強いハマヒルガオなどがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる