コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒川秀俊 あらかわ ひでとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒川秀俊 あらかわ-ひでとし

1907-1984 昭和時代の気象学者。
明治40年8月4日生まれ。中央気象台にはいり,昭和16年より東京帝大講師を兼任。陸軍の依頼で風船爆弾の研究をおこなう。39年福岡管区気象台長,41年気象研究所長。シベリア気団,小笠原(おがさわら)気団などの命名者でもある。昭和59年12月23日死去。77歳。福島県出身。東京帝大卒。著作に「気象学発達史」「お天気日本史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒川秀俊
あらかわひでとし
(1907―1984)

気象学者。福島県に生まれる。1931年(昭和6)東京帝国大学物理学科を卒業、ただちに中央気象台に入り、以後各種気象調査に従事。1941年東大工学部講師。1943年には偏西風を利用した風船爆弾に関する気象調査を行った。第二次世界大戦後は中央気象台、気象研究所で研究のかたわら東大講師を兼ねた。1964年福岡管区気象台長、1966年気象研究所長、1968年退職以後は東海大学教授。業績は、理論気象学とその天気予報への応用、日本付近の気団論、気候変化、水文気象、気象学史、日本の気象災害史など多岐にわたる。著書に『日本気候学史』(1941)、『日本と世界の気象』(1959)ほか多数がある。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荒川秀俊の関連キーワード算法地方大成安政の大地震ジョイナー根本順吉天気俚諺美濃郡代中村精男昭和時代下野信之漂流代官