コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒川秀俊 あらかわ ひでとし

2件 の用語解説(荒川秀俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒川秀俊 あらかわ-ひでとし

1907-1984 昭和時代の気象学者。
明治40年8月4日生まれ。中央気象台にはいり,昭和16年より東京帝大講師を兼任。陸軍の依頼で風船爆弾の研究をおこなう。39年福岡管区気象台長,41年気象研究所長。シベリア気団,小笠原(おがさわら)気団などの命名者でもある。昭和59年12月23日死去。77歳。福島県出身。東京帝大卒。著作に「気象学発達史」「お天気日本史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒川秀俊
あらかわひでとし
(1907―1984)

気象学者。福島県に生まれる。1931年(昭和6)東京帝国大学物理学科を卒業、ただちに中央気象台に入り、以後各種気象調査に従事。1941年東大工学部講師。1943年には偏西風を利用した風船爆弾に関する気象調査を行った。第二次世界大戦後は中央気象台、気象研究所で研究のかたわら東大講師を兼ねた。1964年福岡管区気象台長、1966年気象研究所長、1968年退職以後は東海大学教授。業績は、理論気象学とその天気予報への応用、日本付近の気団論、気候変化水文気象、気象学史、日本の気象災害史など多岐にわたる。著書に『日本気候学史』(1941)、『日本と世界の気象』(1959)ほか多数がある。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒川秀俊の関連キーワード石丸雄吉大谷東平荻原晰二小倉義光国富信一倉嶋厚正野重方大後美保滑川忠夫山本義一

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone