コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻野アンナ オギノアンナ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻野アンナ おぎの-アンナ

1956- 平成時代の小説家,フランス文学者。
昭和31年11月7日生まれ。洋画家・江見絹子の長女。昭和58年フランスへ留学し,ラブレー坂口安吾を研究。平成元年「うちのお母(か)んがお茶を飲む」で注目され,3年「背負い水」で芥川賞。14年「ホラ吹きアンリの冒険」で読売文学賞。20年「蟹と彼と私」で伊藤整文学賞。新鮮な人間解釈に特色があり,軽妙なエッセイでも知られる。平成7年助教授となり,12年教授。神奈川県出身。慶大,パリ第四大卒。本名は安奈。作品はほかに「ラブレー出帆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荻野アンナの関連キーワード荻野

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荻野アンナの関連情報