コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻野アンナ オギノアンナ

2件 の用語解説(荻野アンナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おぎの‐あんな〔をぎの‐〕【荻野アンナ】

[1956~ ]小説家。神奈川の生まれ。本名、安奈。父はフランスアメリカ人、母は画家の江見絹子小学生のとき日本に帰化。「背負い水」で芥川賞受賞。エッセーでも知られる。他に「ホラ吹きアンリの冒険」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻野アンナ おぎの-アンナ

1956- 平成時代の小説家,フランス文学者。
昭和31年11月7日生まれ。洋画家・江見絹子の長女。昭和58年フランスへ留学し,ラブレー坂口安吾を研究。平成元年「うちのお母(か)んがお茶を飲む」で注目され,3年「背負い水」で芥川賞。14年「ホラ吹きアンリの冒険」で読売文学賞。20年「蟹と彼と私」で伊藤整文学賞。新鮮な人間解釈に特色があり,軽妙なエッセイでも知られる。平成7年助教授となり,12年教授。神奈川県出身。慶大,パリ第四大卒。本名は安奈。作品はほかに「ラブレー出帆」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

荻野アンナの関連キーワードゴンクール朝吹真理子朝吹登水子川俣晃自出口裕弘花輪莞爾平岡篤頼山田稔(2)若林真吉川一義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荻野アンナの関連情報