菊島 隆三(読み)キクシマ リュウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

菊島 隆三
キクシマ リュウゾウ

昭和期のシナリオライター,映画プロデューサー



生年
大正3(1914)年1月28日

没年
平成1(1989)年3月18日

出生地
山梨県甲府市

本名
菊嶋 隆蔵

学歴〔年〕
甲府商卒,文化学院〔昭和8年〕中退

主な受賞名〔年〕
シナリオ賞(昭24〜25 29〜32 35〜38 40年度)「野良犬」「栄光への道」「黒い潮」「男ありて」「現代の欲望」「気違い部落」「女が階段を上る時」「悪い奴ほどよく眠る」「筑豊のこどもたち」「用心棒」「椿三十郎」「天国と地獄」「赤ひげ」,芸術祭文部大臣賞(第11回・昭31年度)「どたんば」(NHK),ブルーリボン賞脚本賞(昭30 32年度)「男ありて」「六人の暗殺者」「気違い部落」,京都市民映画脚本賞(昭34年度),毎日映画コンクール脚本賞(第18回・昭38年度)「天国と地獄」,サンケイ国民映画脚本賞(昭39年度),シナリオ賞特別賞(昭39年度)「ある日本人」,エドガーアランポー賞(米国)〔昭和40年〕,紫綬褒章〔昭和55年〕,勲四等旭日小綬章,年間代表シナリオ(昭56 62年度)「謀殺・下山事件」「竹取物語」,前田晁文化賞(第3回)〔平成1年〕

経歴
昭和8年家業の織物問屋を継ぐが、16年に廃業。戦後プロデューサーを志して上京、八住利雄門下に入る。22年東宝脚本部に入り、24年以降フリー。同年黒沢明監督の「野良犬」のシナリオでデビュー。以来「醜聞」「蜘蛛巣城」「隠し砦の三悪人」「悪い奴ほどよく眠る」「用心棒」「椿三十郎」「天国と地獄」「赤ひげ」など黒沢明作品の共同シナリオに参加。ほかの映画作品に「黒い潮」(29年)「叛乱」(29年)「男ありて」(30年)「六人の暗殺者」(30年)「現代の欲望」(31年)「気違い部落」(32年)「女が階段を上るとき」(35年)「謀殺・下山事件」(56年)など。また「筑豊のこどもたち」以来プロデューサーとしても活躍。著書に「菊島隆三シナリオ選集」(全3巻)がある。没後の平成10年菊島隆三賞が創設された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

菊島 隆三 (きくしま りゅうぞう)

生年月日:1914年1月28日
昭和時代の脚本家;映画プロデューサー
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android