コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊島隆三 きくしま りゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊島隆三 きくしま-りゅうぞう

1914-1989 昭和時代後期の脚本家。
大正3年1月28日生まれ。八住利雄(やすみ-としお)に師事。昭和24年黒沢明監督の映画「野良犬」でデビューし,「蜘蛛巣(くものす)城」「赤ひげ」など10本の黒沢映画の脚本を共作した。31年テレビドラマ「どたんば」で芸術祭文部大臣賞,32年映画「気違い部落」でブルーリボン賞脚本賞。平成元年3月18日死去。75歳。山梨県出身。文化学院中退。本名は隆蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊島隆三の関連キーワード日本の熱い日々 謀殺・下山事件筑豊のこどもたち女が階段を上る時隠し砦の三悪人六人の暗殺者兵隊やくざ菊島 隆三現代の欲望悪女の季節尻啖え孫市国士無双男ありて竹取物語椿三十郎王将一代鄭義信用心棒黒い潮春日和白い崖

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊島隆三の関連情報