菊石(読み)きくいし

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きくいし【菊石】

愛知の日本酒。酒名は、創業者・浦野判十郎が猿投(さなげ)山の天然記念物「菊石」の名を猿投神社から拝受し命名。但馬杜氏が仕込む芳醇タイプの酒。大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。平成19、22、24年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は矢作(やはぎ)川の伏流水。蔵元の「浦野」は元治元年(1864)創業。所在地は豊田市四郷町下古屋。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

菊石(きくいし)

愛知県、浦野合資会社の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きく‐いし【菊石】

〘名〙 (菊の花のような模様があるところから) アンモン貝のからの化石。アンモナイト。菊面石。南瓜石(カボチャいし)。菊の花。
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉写生帖「菊石と云はうか、柘榴の内皮と云はうか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の菊石の言及

【アンモナイト】より

…軟体動物,頭足類の1亜綱Ammonoidea。菊石類ともいう。デボン紀初期に棒状またはゆるく屈曲した殻をもつバクトリテス類Bactritidaに由来して巻いた殻をもつようになり,白亜紀末に絶滅した。…

※「菊石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android