コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菌癭 きんえいfungus-gall; mycocecidium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菌癭
きんえい
fungus-gall; mycocecidium

菌類が寄生したために高等植物の体の細胞,組織,器官が異常に肥大して生じる病的奇形。たとえばツツジの葉にみられる餅病,マツの枝にみられる瘤病などがある。原因は,菌の寄生に伴う植物生長制御物質 (ホルモン) などの量および分布の異常にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐えい【菌×癭】

菌類の寄生によって植物体の一部が肥大してできた、こぶ状や塊状の部分。松の枝にできるこぶなど。菌こぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きんえい【菌癭 fungus‐gall】

植物体に菌が侵入,寄生した結果,植物体上に生じたこぶ状,膨状の局部の異常肥大をいう。菌癭を生ずる菌は,1種類ではなく種々の菌と植物の組合せで生ずる。ツツジ,サザンカ,チャなどの餅病,タンポポハコベのべと病,マツのこぶ病,ハクサイキャベツ根こぶ病,モモ,スモモのふくろみ病などは菌癭の例である。いずれも植物の細胞間隙(かんげき)あるいは細胞内部に侵入増殖した菌が,付近の組織に種々の刺激を与えて異常肥大を起こさせると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんえい【菌癭】

菌類が寄生することによって高等植物の体の一部が異常に発達したもの。マツの枝のこぶ病、サザンカの葉の餅病など。菌瘤きんこぶ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報