コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菌癭 きんえい fungus-gall; mycocecidium

4件 の用語解説(菌癭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菌癭
きんえい
fungus-gall; mycocecidium

菌類が寄生したために高等植物の体の細胞,組織,器官が異常に肥大して生じる病的奇形。たとえばツツジの葉にみられる餅病,マツの枝にみられる瘤病などがある。原因は,菌の寄生に伴う植物生長制御物質 (ホルモン) などの量および分布の異常にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きん‐えい【菌×癭】

菌類の寄生によって植物体の一部が肥大してできた、こぶ状や塊状の部分。松の枝にできるこぶなど。菌こぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんえい【菌癭 fungus‐gall】

植物体に菌が侵入,寄生した結果,植物体上に生じたこぶ状,膨状の局部の異常肥大をいう。菌癭を生ずる菌は,1種類ではなく種々の菌と植物の組合せで生ずる。ツツジ,サザンカ,チャなどの餅病,タンポポハコベのべと病,マツのこぶ病,ハクサイキャベツ根こぶ病,モモ,スモモのふくろみ病などは菌癭の例である。いずれも植物の細胞間隙(かんげき)あるいは細胞内部に侵入増殖した菌が,付近の組織に種々の刺激を与えて異常肥大を起こさせると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんえい【菌癭】

菌類が寄生することによって高等植物の体の一部が異常に発達したもの。マツの枝のこぶ病、サザンカの葉の餅病など。菌瘤きんこぶ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菌癭の関連キーワード活物寄生寄生根寄生植物虫癭物体色癭瘤植物質フィトアレキシン植物性食品うどんこ病(ライムギ)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone