コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菜切(り)包丁 ナキリボウチョウ

デジタル大辞泉の解説

なきり‐ぼうちょう〔‐バウチヤウ〕【菜切(り)包丁】

野菜などを切るのに用いる、刃が薄くて幅が広く、先のとがっていない包丁菜刀(ながたな)。なっきりぼうちょう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の菜切(り)包丁の言及

【包丁(庖丁)】より

…出刃包丁は背が厚く,先のとがったもので,堅いものを切るのに適し,魚や鳥をおろすのに用いる。薄刃包丁は菜切包丁ともいい,刃が広く薄く,先のとがっていないもので,おもに野菜を切るのに用いる。刺身包丁は薄刃,細身のもので,先のとがったものととがっていないものとがあり,前者を柳刃,後者を蛸引(たこひき)と呼ぶ。…

※「菜切(り)包丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菜切(り)包丁の関連キーワード桑名刃物

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android