コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌形包丁 かまがたぼうちょう

食器・調理器具がわかる辞典の解説

かまがたぼうちょう【鎌形包丁】

菜切り包丁の一種で、先の方でみねが丸くなっているもの。おもに関西で用いる。家庭用の汎用包丁とする両刃のものをいうことが多いが、和食店などで用いる片刃のものもある。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かまがた‐ほうちょう〔‐ハウチヤウ〕【鎌形包丁】

刃のの先が、のように丸くなっている包丁。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

鎌形包丁の関連キーワード菜切り包丁

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android