菠薐草(読み)ホウレンソウ

デジタル大辞泉の解説

ほうれん‐そう〔ハウレンサウ〕【××薐草】

アカザ科の一・二年。根は赤みを帯びる。4、5月ごろ、とう立ちして黄緑色の花が穂状につく。雌雄異株。代表的な葉菜の一。品種が多く、葉に切れ込みのある東洋種とない西洋種とに分けられる。アジア西部の原産で、菠薐はネパールの地名、または、ペルシアのことという。日本には16世紀ごろ中国から東洋種が渡来し、明治時代に米国から西洋種も導入。 春》「しをらしや細茎赤き―/鬼城」→報連相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

菠薐草 (ホウレンソウ)

学名:Spinacia oleracea
植物。アカザ科の一年草,二年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうれん‐そう ハウレンサウ【菠薐草】

〘名〙 (「ほうれん(菠薐)」は唐宋音で、ネパールの地名) アカザ科の一、二年草。西南アジア原産で、若い茎・葉を食用にするため広く栽培される。日本には約三〇〇年前に伝来した在来種と明治以後に導入された西洋種とがあり、両者の雑種も普及している。高さ三〇~九〇センチメートル。茎・根は帯赤色。葉は長柄をもち三角状卵形で基部は不規則な羽状に中裂。雌雄異株。夏、黄緑色の花が穂状に咲く。漢名、菠薐・菠薐菜・菠菜。《季・春》 〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android