面壁九年(読み)めんぺきくねん

四字熟語を知る辞典「面壁九年」の解説

面壁九年

達磨だるま大師が、中国のすうざん少林寺で、に向かって九年間坐禅を組み、さとりを開いたということ。また、そのように、ある一つの目的に向かって粘り強く月日をかけて心を傾けることのたとえ。

[使用例] 面壁九年の沈黙になったりすることが[唐木順三*死について|1956~57]

[使用例] 幼年時代僧堂で暮らした歳月をいれれば、面壁九年を超えていたはずだった[立原正秋*冬のかたみに|1975]

[解説] 「面壁」は壁に面することで、壁に向かって座禅を組むこと、また、座禅をさします。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「面壁九年」の解説

めんぺき‐くねん【面壁九年】

〘名〙 達磨大師が、中国の嵩山少林寺で、壁に向かって九年間坐禅を組み、さとりを開いたということ。
※歌舞伎・小春穏沖津白浪(小狐礼三)(1864)三幕「面壁九年(メンペキクネン)の禅家の祖師達磨大師も蘆の葉で」 〔碧巖録‐一則・評唱〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android