コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩の露 はぎのつゆ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萩の露
はぎのつゆ

地歌・箏曲の曲名。京風手事物幾山検校作曲。霞紅園作詞。秋の情緒にこと寄せて,訪れの絶えた恋人を待つせつない女心を歌う。構成は前歌-手事 (マクラ・手事・中チラシ本チラシ) -後歌。前歌の合の手では詞章に関連して砧の描写がある。幾山検校は『打盤』『横槌』のような打合せ物の作曲に才能を発揮したが,この合の手は『笹の露』の合の手の一部に,また本チラシは『磯千鳥』のチラシに合うように作られている。三弦は本調子から三下りとなり,再び本調子に戻る。箏の手付も幾山検校自身によると思われ,四上り半雲井調子から半雲井調子。最初から半雲井調子で演奏する場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はぎのつゆ【萩の露】

地歌・箏曲(そうきょく)。川瀬霞紅園作詞、幾山検校作曲。秋の情趣によせて、男に裏切られた女のわびしさをうたったもの。明治初期の成立で、京風手事(てごと)物の最終期の名曲。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はぎのつゆ【萩の露】

地歌の一。手事物。明治初年京都の幾山検校が作曲。秋の景物になぞらえて、男に裏切られた女の恋情をうたったもの。京風物の末期の代表曲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

萩の露の関連情報