笹の露(読み)ささのつゆ

  • ささ
  • の 露(つゆ)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地歌の曲名別名「酒」。京都の菊岡検校作曲。島田両三 (造) 作詞和漢故事を並べて酒のをたたえたもの。八重崎検校作曲の旋律が合奏され,いわゆる京風手事物の地歌箏曲として行われる。手事が2ヵ所にある形式で,特に三弦と箏との掛合の多いのが特色。本調子物。本来生田流の曲であるが,山田流箏曲にも移されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

地歌・箏曲(そうきょく)。手事物(てごともの)。島田両三のに菊岡検校が曲をつけて、文化・文政(1804~1830)ごろ成立。それに八重崎検校が箏の手をつけた。酒の徳をたたえる曲。別名「酒」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

地歌・箏曲の曲名。《酒》とも。三弦は菊岡検校(1792‐1847),箏は八重崎検校(1776?‐1848)が作曲した京風手事物。島田両三作詞。1870年(明治3)《新うたの林》に初出。酒をたしなんだ孔子をほめ,36の失ありと諫めたは下戸だとして,素戔嗚(すさのお)尊の大蛇退治も,応神天皇が大石を動かしたことも酒の徳で,神功皇后を待って酒を作り,ささと歌ったことや,劉伯倫や李太白も酒を飲まねばただの人であると,酒の徳をたたえた粋な歌詞の曲である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

笹の葉におく露。
酒をささともいうことから 酒。また、少量の酒。
地歌・箏そう曲の一。手事物てごともの。文政・天保年間(1818~1844)京都の菊岡検校けんぎようが三味線曲として作曲し、のち八重崎検校が箏の手をつけた。島田両三作詞。酒の徳をたたえた歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

① 笹の葉におく露。
※山家集(12C後)下「庵さす草の枕に伴なひてささの露にも宿る月かな」
② 転じて、ほんのわずかな量にたとえていう。
※続鳩翁道話(1836)二上「酒と聞いては、笹(ササ)の露(ツユ)にも酔ふ程の下戸じゃ」
地唄、箏曲。生田(いくた)流。文政・天保(一八一八‐四四)頃、京都の菊岡検校が三味線曲として作曲。これに八重崎検校が箏の手を加えて合奏曲とした。島田西三作詞で、和漢の故事を並べて酒の徳をたたえたもの。手間(間奏)に重点をおいた手事物で、手事の中に掛け合いの非常に多い曲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android