コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打合せ うちあわせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

打合せ
うちあわせ

地歌,箏曲演奏用語。 (1) 特に手事 (てごと) などにおいて,同一または類似旋律を「本手」と「」という2部の楽器が,半拍または1拍ずらして合奏するヘテロフォニー的演奏。また,その両者が互いに表間,裏間のいずれかだけを分担したり,あるいは「本手」と「地」の旋律分担を取替えたりするときは,特に「打って違い」という。 (2) 特に地歌三弦曲において,本来異なる曲,または異なる旋律として存在しているものを合奏させる場合に,「打合せ」または「曲違い打合せ」という。「三味線本手」や「手事物」の「」および箏曲の「段物」などのある一段と別の段とを合奏するときは,「段合せ」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うち‐あわせ〔‐あはせ〕【打(ち)合(わ)せ】

[名](スル)
前もって相談すること。下相談。「仕事の打ち合わせをする」
衣服の、前身頃(まえみごろ)の重なったりする部分。うちあい。「コートの打ち合わせが浅い」
雅楽で、打ち物だけの合奏。
地歌箏曲(そうきょく)で、同一または類似した旋律を半拍または1拍ずつずらして合奏すること。また、同じ拍数の、別の2曲を合奏すること。
で、両手を大きく左右に広げてから前ではたと打ち合わせる型。
物と物とがうまく合うようにすること。似合うこと。
「宮仕の極(きま)りがてら、すりこぎと聞こへしもとに―の夫婦とはなりける」〈鶉衣・摺鉢伝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の打合せの言及

【段合せ】より

…《難波獅子(なにわじし)》《楫枕(かじまくら)》《秋の曲》などの手事の第1段と第2段,《残月(ざんげつ)》の手事の第1段と第2段,第3段と第4段などの段合せがその代表例である。 異なる楽曲を同時演奏することは,〈打合せ〉というが,段合せの演出法を拡大したものともいえる。三味線組歌では,《琉球組》と《千代の恵》,《乱後夜(らんごや)》と《晴嵐(せいらん)》などの例があるが,後代の地歌三弦曲でも,《八千代獅子》と《万歳獅子》,《玉椿》と《袖の雨》などが異曲打合せで行われる。…

※「打合せ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

打合せの関連キーワード地震防災対策強化地域判定会ショウリョウバッタチャンサン(長衫)張作霖爆殺事件トレンチコート宿無団七時雨傘コート(衣服)フロックコートボレロ(上衣)ハガチー事件サックコート佐分利 貞男カブリオルタキシードピーコートチマ(裳)サープリス八千代獅子アルスター事前準備

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打合せの関連情報