コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩城 はぎじょう

3件 の用語解説(萩城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

はぎじょう【萩城】

山口県萩市にあった平山城(ひらやまじろ)。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。日本海をのぞむ指月山(しづきやま)は標高143m。その山頂に詰(つめ)の丸、麓の本丸に5層5階の天守や藩主の居館があった。1604年(慶長9)から1608年(慶長13)にかけて毛利輝元(てるもと)が築城した。もともと津和野城主の吉見(よしみ)氏が出城を構え、その後吉見正頼(まさより)が隠棲所にしたところだった。萩城は全体で20基の櫓(やぐら)を配し、山頂の詰の丸にも櫓7基を設置するなど防御に優れた城郭だった。幕末にいたって、萩城は日本海にのぞんでいるため海防上不利と考え、1863年(文久3)に政庁を萩から山口に移した。このため毛利氏14代の居城であった萩城はその役割を終え、1874年(明治7)に解体された。現在、城跡は指月公園として整備されているほか、旧城の入口には家臣の詰め所などに使われていた厚狭毛利家(あさもうりけ)の萩屋敷長屋が現存する。JR山陰本線萩駅からバス30分、またはJR山陰本線玉江駅から徒歩20分。◇指月城(しづきじょう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集の解説

萩城

 萩の指月山[しづきやま]に建てられた毛利[もうり]氏の城です。毛利氏が周防[すおう]・長門[ながと]の2国にうつされてからしばらくは本拠地となる城がなく、1604年になってから、つくられはじめました。完成したのは1608年ですが、明治時代になって、取りこわされました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萩城
はぎじょう

江戸期の城。山口県萩市堀内にある。城は日本海に面し、阿武(あぶ)川デルタの北西端に延びる地の指月山(しづきやま)とその山麓(さんろく)に位置している。指月城ともいう。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いにおいて西軍の総帥であった毛利輝元(もうりてるもと)が、旧領中国8か国120万石から周防(すおう)、長門(ながと)2か国36万石に削封され、新しく居城としたものである。1604年に着工し、08年に完成、以来毛利氏が13代世襲して幕末に至った。1863年(文久3)に政治機関を山口に移したため、事実上廃城となっていた。城は指月山の山頂を詰(つめ)の丸とし、山麓に本丸、二の丸、三の丸を設け、本丸には五重の天守閣と藩主の殿舎、諸役所があった。城下には武家屋敷がよく残っている。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の萩城の言及

【萩[市]】より

…古く萩浦,萩津とよばれた地は,近世,毛利氏の城下町が開かれたことによって発展,周防・長門両国の政治の中心であった。現在も旧城下の景観をよくとどめ,萩城下町とその東にあたる椿東(ちんとう)にある松下村塾(史),伊藤博文旧宅(史)などの維新史跡に多くの観光客が訪れる。伝統の萩焼や士族授産に始まったナツミカンが特産。…

※「萩城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

萩城の関連キーワード琴平山平山城山口福祉文化大学亀山城平山角左衛門平山行蔵平山藤次郎平山豊後平山兵原平山康吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

萩城の関連情報