コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萱野長知 かやの ながとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萱野長知 かやの-ながとも

1873-1947 明治-昭和時代前期の大陸浪人。
明治6年10月12日生まれ。上海にわたり「東京日日新聞」通信員となる。のち香港で孫文を知り,明治38年東京で孫文らの中国革命同盟会結成を支援。昭和12年国民政府に接触し,日中和平工作をすすめたが失敗した。貴族院議員。昭和22年4月14日死去。75歳。高知県出身。海南学校卒。著作に「中華民国革命秘笈(ひきゅう)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かやのながとも【萱野長知】

1873‐1947(明治6‐昭和22)
高知市の人。号は鳳梨。少年時代に上海に渡って中国語を習い,やがて宮崎寅蔵(滔天)とならぶ中国革命の支持者となった。その活動は多彩だが,中華革命党の組織には深く関与し,顧問となった。孫文の臨終によばれた唯一の日本人である。満州事変後,犬養毅首相の密使となって和平交渉に赴いたが,成功せず,戦後,貴族院議員に勅選された。養女の華恵は国民党元老居正の娘である。【狭間 直樹

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

萱野長知の関連キーワード和田 三郎大陸浪人

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android