前書(読み)ゼンショ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐しょ【前書】

前に書いた文章・書物。
前に出した手紙。前便。
前に掲げた書物。「引用は前書に同じ」

まえ‐がき〔まへ‐〕【前書(き)】

[名](スル)本文に入る前に簡単に書き添えること。また、その文章。序文。端書き。序。⇔後書(あとが)き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんしょ【前書】

前に出した手紙。
前に記した文。以前に書かれた書物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐しょ【前書】

〘名〙
① 前に記した。以前に著わした書物。また、その昔の聖人の著わした書。
※経国集(827)二〇・大日奉首名対策文「信以交人、載之前書
② 前に書いた手紙。以前の書状。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔李陵‐答蘇武書〕

まえ‐がき まへ‥【前書】

〘名〙 本文の前に書き添えること。また、その文章。序。はしがき。緒言。⇔後書
※俳諧・新続犬筑波集(1660)一七「ふみ月をまへかきにてやせみのうた〈正忠〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前書の関連情報