コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛西・大崎一揆 かさいおおさきいっき

世界大百科事典 第2版の解説

かさいおおさきいっき【葛西・大崎一揆】

16世紀末,陸奥国におきた地侍・農民の一揆。1590年(天正18)8月,豊臣秀吉の〈奥羽仕置〉によって葛西晴信大崎義隆改易となり,木村吉清が現在の宮城県北部から岩手県南部にわたる旧領12郡を与えられて登米(とよま)城に入った。10月初め加美郡で,伝馬役に反対する大崎旧臣や上層農民が刀をもって抵抗し30余人が磔に処されたが,まもなく葛西旧領の胆沢気仙・磐井諸郡,続いて中旬には旧大崎領の玉造郡に一揆がおき,さらに葛西・大崎旧領全域に一揆は波及し,吉清・清久父子は登米郡佐沼城に包囲された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

葛西・大崎一揆の関連キーワード小田原征伐伊達政宗高清水城名生城盛岡藩寺池城宮崎城

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葛西・大崎一揆の関連情報