コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆沢 いさわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胆沢
いさわ

岩手県南西部,奥州市西部の旧町域。奥羽山脈に発する胆沢川のつくった胆沢扇状地にある。西は秋田県に接する。 1955年小山村,南都田村,若柳村が合体し胆沢村となり,1967年町制。 2006年水沢市,江刺市,前沢町,衣川村と合体して奥州市となった。旧町名は古代からの郡名による。元和3 (1617) 年キリスト教徒の後藤寿庵らがつくった寿庵堰などにより,胆沢川の水を扇状地に引き上げて開拓が始められた。 1953年上流に石淵ダムが建設され,穀倉地となった。中西部の焼石岳連峰,石淵ダム周辺は栗駒国定公園に属する。角塚古墳は国の史跡。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胆沢
いさわ

岩手県南西部、胆沢郡にあった旧町名(胆沢町(ちょう))。現在は奥州(おうしゅう)市の西部を占める地域。1967年(昭和42)町制施行。2006年(平成18)水沢(みずさわ)市、江刺(えさし)市、胆沢郡前沢(まえさわ)町、衣川(ころもがわ)村と合併して奥州市となった。旧町域は胆沢川のつくった胆沢扇状地に位置し、東端を東北自動車道が通過する。1617年(元和3)キリシタンの後藤寿庵(じゅあん)がつくった寿庵堰(ぜき)などにより、胆沢川の水を扇状地に揚水することで開拓が始められた。1953年には上流に石淵(いしぶち)ダムが建設され、県内指折りの穀倉地に発展した。国の農村総合整備モデル事業指定を受けた。西部の栗駒(くりこま)国定公園の一部焼石(やけいし)連峰には高山植物が多く、石淵ダムや角塚(つのづか)古墳(国史跡)などもあり、観光開発が期待されている。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

胆沢の関連キーワード岩手県胆沢郡金ケ崎町六原堂所森道下岩手県胆沢郡金ケ崎町六原北長根道合岩手県胆沢郡金ケ崎町六原上寒田清水岩手県胆沢郡金ケ崎町六原土井道合岩手県胆沢郡金ケ崎町六原下真栄木岩手県胆沢郡金ケ崎町六原金森道下岩手県胆沢郡金ケ崎町六原伝内屋敷岩手県胆沢郡金ケ崎町六原上二の町岩手県胆沢郡金ケ崎町六原上真栄木岩手県胆沢郡金ケ崎町六原坊主屋敷岩手県胆沢郡金ケ崎町六原下二の町岩手県胆沢郡金ケ崎町六原葉の木立岩手県胆沢郡金ケ崎町六原検断谷地岩手県胆沢郡金ケ崎町六原二の町表岩手県胆沢郡金ケ崎町六原下小路岩手県胆沢郡金ケ崎町六原笹長根岩手県胆沢郡金ケ崎町六原田中前岩手県胆沢郡金ケ崎町六原新舘表岩手県胆沢郡金ケ崎町六原平道下岩手県胆沢郡金ケ崎町六原二ツ森

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胆沢の関連情報