葦鴨(読み)よしがも

精選版 日本国語大辞典「葦鴨」の解説

よし‐がも【葦鴨】

〘名〙 カモ科の水鳥。中形の美しいカモで、全長約四八センチメートル。雄の頭上は紫褐色、顔は金緑色。背面や胸は白地に多くの黒色細線があり、翼鏡は金緑色と白の縞模様をなす。内側の風切羽は長く蓑羽状となる。雌の頭部は紫褐色で細かい白斑があり、背面は黄褐色を呈する。シベリア東部・北海道北部などで繁殖し、アジア南部で越冬。日本には九月下旬ころ各地の海湾や湖沼に大群で現われる。みのがも。みのよし。〔本朝食鑑(1697)〕

あし‐がも【葦鴨】

〘名〙 (「あしかも」とも。の生えている所に見られるところから) の称。《季・冬》
※万葉(8C後)一一・二八三三「葦鴨(あしがも)のすだく池水るとも儲溝(まけみぞ)の方(へ)に吾越えめやも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「葦鴨」の解説

よし‐がも【××鴨/××鴨】

カモ科の鳥。全長約48センチ。雄は頭部が緑と茶色で、体は灰色、三列風切り羽が長い。雌は全体に茶色。東アジアに分布。日本では冬鳥であるが、北海道では繁殖。みのがも。 冬》

あし‐がも【××鴨】

《葦の生えている所にいるところから》のこと。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android