蓄養(読み)ちくよう

大辞林 第三版の解説

ちくよう【蓄養】

力をたくわえやしなうこと。 「英気を-し、機を見て更に出動する方が/此一戦 広徳
畜養」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちくよう【蓄養】

すでに市場サイズになっている水産動物を,ある期間,池やいけす(生簀)に収容しておくこと。成長させることが目的ではなく,生きていることが要求される種類のものを,集荷のために一時蓄えておくことや,漁獲時あるいは購入時と販売時の価格の差によって利益をあげることを目的とするものである。 イセエビは解禁直後の秋には比較的安いが,12月から3月にかけて値上がりする。そこで,この期間の蓄養が広く行われている。アワビも同様の趣旨の蓄養が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓄養
ちくよう

魚類、甲殻類、貝類などの水産動物を、竹籠(たけかご)、網、舟の生け簀(す)、またはよく水の交換する小さな池に入れ、短期間飼育すること。淡水産のコイ・ウナギ、海産の魚類・イセエビ・アワビなどは、収穫してから販売・運搬するため、餌(えさ)を与えずに数日間飼育する。トラフグ、イセエビ、アワビなどは、比較的安価で大量に漁獲できるときに収容し、餌を与えて、高価で販売できるまで飼育するが、増量は期待できない。[出口吉昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓄養の関連情報