コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓄養 ちくよう

3件 の用語解説(蓄養の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちくよう【蓄養】

力をたくわえやしなうこと。 「英気を-し、機を見て更に出動する方が/此一戦 広徳
畜養 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちくよう【蓄養】

すでに市場サイズになっている水産動物を,ある期間,池やいけす(生簀)に収容しておくこと。成長させることが目的ではなく,生きていることが要求される種類のものを,集荷のために一時蓄えておくことや,漁獲時あるいは購入時と販売時の価格の差によって利益をあげることを目的とするものである。 イセエビは解禁直後の秋には比較的安いが,12月から3月にかけて値上がりする。そこで,この期間の蓄養が広く行われている。アワビも同様の趣旨の蓄養が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓄養
ちくよう

魚類、甲殻類、貝類などの水産動物を、竹籠(たけかご)、網、舟の生け簀(す)、またはよく水の交換する小さな池に入れ、短期間飼育すること。淡水産のコイ・ウナギ、海産の魚類・イセエビ・アワビなどは、収穫してから販売・運搬するため、餌(えさ)を与えずに数日間飼育する。トラフグ、イセエビ、アワビなどは、比較的安価で大量に漁獲できるときに収容し、餌を与えて、高価で販売できるまで飼育するが、増量は期待できない。[出口吉昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓄養の関連キーワード水生動物動物油脂保護水面既済水産動物産地市場水産動植物の種苗上昇する水産物価格久保伊津男ノルドクビスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蓄養の関連情報