生簀(読み)いけす(英語表記)cage

翻訳|cage

世界大百科事典 第2版の解説

いけす【生簀 cage】

水面の一部をタケなどで仕切り,その中で魚を飼っておく装置。代表的なものに,カツオ釣りの生餌として使うイワシを飼っておくいけすがある。巻網でとったイワシは,海上角材を組んで作った木枠に網をはって作ったいけすに直接移され,基地へ曳航され,カツオが買いにくるまで蓄養される。いけすで1週間以上ならしたイワシを〈いけつけイワシ〉と呼ぶ。船にもいけす(活魚倉)があり,漁場まで生かして運ぶ。昔は船底に換水孔を開けて,自然換水に頼っていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いけ‐す【生簀】

〘名〙 (「いけず」とも。「いけ」は生かしておく意の「いける」から)
① 漁獲した水産動物、または、料理用の魚などを水中に生かしておく装置。また、その場所。自然の岩礁を利用したり、竹籠で囲ったり、または長方形の木箱や小船の形をしたものを水中に浮かべたり、網や竹籠を用いたりする。箱いけす、籠いけす、船いけす、堀いけす、網いけすなどがある。
※十巻本和名抄(934頃)五「籞 唐韻云籞〈音語 以介須〉池水中編竹籬養魚也」
※俳諧・鷹筑波(1638)四「神々の留守や見舞に北時雨 池すにははり番となる氷かな」
② 京都・大坂で、川魚料理屋をいう。生洲。
※浪花聞書(1819頃)「生淵(イケス)此看板行燈出し有料理茶屋、万川魚と看板出しある料理屋と出し物等都て同様也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の生簀の言及

【坑内運搬】より

…立坑では,先端にケージやスキップをとりつけたワイヤロープを大型の巻上機で巻き上げる方式がもっぱら用いられている。ケージcageは,鉱車や台車をそのまま収容する容器で,2段あるいは3段になっているものが多く,各段に1~2台の鉱車を収容する。スキップskipは,坑底でシュートからばら荷として積み込まれた鉱石を,坑口で底板を開いたり,容器を転倒したりして荷降ろしする装置である。…

※「生簀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生簀の関連情報